いつまで続くかわかりません。

ご意見がありましたら「お問い合わせ」からご一報いただければ幸いです。

2019年

9月

12日

ラボの混雑状況

ラボの仕事状況がわかった方が依頼しやすいとのご意見をいただきました。

 

ホームページのトップ下側に混雑状況のカレンダーを設置してみました。

見やすさに難点はあると思いますが、ご参考にしていただけたら幸いです。

2019年

8月

02日

サンドブラスター

開業時に購入したノートパソコンの表面に保護フィルムがついていました。なんか使えそうだと思い、サンドブラスターのガラス面にキズがつかないよう貼っていました。ガラス自体にはキズ防止のためラバーコーティングされているとありましたが、信じてキズだらけになり交換となった場合は、諭吉1人でも足りない恐れがあるため自衛策です。

 

 

これまた100均の「液晶保護フィルム」に貼り替えました。予想以上にクリアになったのに味をしめ、レーズの保護カバーにも貼ってみました。レーズのカバーは撥水スプレーを塗りすぎて見づらくなっていたので、これでしばらく様子見です。

2019年

8月

01日

スパチュラ

医院でも手練りで石膏を練る場合は金属スパチュラとラバーボウルを使うと思います。伺った際にスパチュラとラバーボウルの形状が合っていないのをたまに目にしますが、それを指摘する勇気もなく・・・

真空練和器を使う場合にもスパチュラは必要です。ただ高価なミキシングカップに金属スパチュラを使ったら傷だらけになってしまいます。場所によってはポリエチレンなどのスパチュラを使っているところもあると思いますが、私はシリコン製のスパチュラを使用しています。傷もつかなくぴったりカップ壁面をこそげるからです。

 

しかし未だにこれだ!というシリコンスパチュラに巡り合えていません。

100円から3000円くらいの価格幅はありますが、結局100均で買ったものが現状一番良いという状況に・・・

どうやら私のスパチュラ探しはまだまだ続くようです。

2019年

7月

31日

石膏の扱い方

大抵の歯科医院では衛生士さんや助手さんが印象に石膏を流していることと思います。

 

人が入れ替わって個人差が出たり、模型の精度を上げたいといったところから、基本的な石膏の扱いをレクチャーしてほしいと依頼がありました。

聞きたい内容は以下のようでした。

 

・アルギンのトレーへの盛り方。

・外した後の保湿箱での扱い。(変形を避けるためのポイント)

・普通石膏と硬石膏の練和法と注ぎ方。 厚みも含めて。

・硬化までの保湿箱での取り扱い。

基本的なところを中心にお願いできれば。

時間が余るようでしたら、テンポラリーのデモもお願いできると嬉しいです。

 

限られた時間でしたので、半分は画像で目に見えづらいトラブルの現象や対策方法などを提示して、もう半分は実際にデモをやってみました。聞けば衛生士学校では印象や石膏の扱いについてあまり触れていないそうです。

聞いてくれたスタッフ全員に石膏を練ってついでもらっていたら、予定時間を大幅に超過してしまいました。休み時間が少なくなるのにも関わらず、熱心に聞いていただいた皆さんに感謝です。

当然時間が余らなかったので、テンポラリーのデモはできませんでした。ぜひまたお声がけいただければと思います。

私のデモでスパチュラを持つ手が小刻みに震えていたのは、スタッフに囲まれて緊張していると思ったけど、石膏に微妙な振動を与えているんですね!と気づく方がいました。

 

が、本当は引きこもりの私が大勢の女性に囲まれて緊張していたのは言うまでもありません。スパチュラが手汗でヌルヌルしていたのは秘密です。

2019年

7月

31日

医院探訪

GWに拝見させていただいたのですが、ブログさぼっており今になってしまいました。

4月に移転開業した長野県飯田市の今村歯科医院です。

院長の親父さんが私の勤めていた医院のOBであったり、代診先の医院でお会いしたり・・・などからたまに仕事を出していただいたご縁があります。

公共施設を多く設計している建築士さんが手掛けた医院は、まさに公共施設的な面持ちの造りで驚きました。待合室などはカフェのようで、携帯も充電できる作りには時の流れを感じました。

 

気になっていたのは元勤務先技工室から移設された技工机などです。長年愛用していた机がどんな様子でいるのか気にならないはずがありません。部屋のサイズに合わせてうまくトリミングされ、綺麗に収まっている机を見た時は感慨深いものがありました。セカンドライフ活躍してほしいものです。

いや、こちらの技工机も同じように活躍させていただけたらありがたいです。(笑)

 

今村歯科医院のHPに出ていたイメージ画像にある車と、実物の写真が上手いこと同じ車種になりました。停める場所ももう少し考慮すればよかったと反省です。

2019年

7月

21日

放置の現在

しばらくブログを放置していました。

「働き方改革」などと昨今よく耳にしますが、改革するのにも諸々余裕は必要なわけで私にはその余裕がなかったということです。いわゆる「心が折れた」状況となり、そのままズルズルとブログも放置してしまいました。

まぁそんな熱心に読んでいる方もいないので気にも留めなかったのです。

再開というほどのことでもないのですが、妙に心に引っかかるのも嫌なので、気が向いた時にでも更新しておこうかというところです。

 

先日左足の甲に痛みが走りまともに歩けない状況になりました。調べてみると部位的にスポーツやりすぎた人が疲労骨折を起こしやすいところだと判明。犬の散歩くらいしか運動していないのに・・・心に続いて足も折れたか?

レントゲンを撮ると異常なし。血液検査したら相変わらず尿酸値が高い。

えぇ、痛風でしたね。薬を飲みだすと1日で痛みは治まり快調。

寄る年波には勝てませんが、尿酸値って名前がイメージ良くない。英語だと uric acid level?UAレベルとかにして欲しい。

 

そんなこんなで最近は心の平安を求め、画像にあるような香を焚くことが多いです。

技工物宅急便の箱を開けるとお香臭いんじゃ・・・と心配な今日この頃です。

 

2018年

12月

22日

冬季休業日のお知らせ

12月29日(土)〜1月6日(日)まで

 

尚、冬季休業期間中のお問い合わせに関しましては、

上記休業期間後の回答となりますので、

予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

2018年

12月

22日

ドナドナ

ある晴れた 昼さがり

いちばへ 続く道

荷馬車が ゴトゴト

子牛を 乗せてゆく

かわいい子牛 売られて行くよ

悲しそうなひとみで 見ているよ

ドナ ドナ ドナ ドナ

子牛を 乗せて

ドナ ドナ ドナ ドナ

荷馬車が ゆれる

2017年

12月

31日

ゆず

随分と更新できずに間が空いてしまいました。

ドタバタな締めくくりとなってしまいましたが、昨日遠く長崎の技工同志よりゆずの贈り物が届きました。

同封されていた手紙によると自家製無農薬の”獅子ゆず”というものだそうで、邪悪なものを排除してくれ、実が大きいことから、実入りが大きい千客万来の縁起物だということでした。

 

なるほど、縁起物なのか〜  でもジャムにでもして食べちゃおうかな・・・

と、梱包材を退けて箱から出そうとすると、あれっ?なんかでかい・・・

いや、尋常でない大きさだ。

でっか〜 ゆず でっか〜

普通のゆずと並べて写真撮ってみました。

 

どうもありがとう。今年は仕事が不安定で大変だったけど、来年は千客万来だね〜!

お世話になりました皆様、来年もよろしくお願いいたします。

2017年

9月

19日

何でも屋

随分前から左サイドミラーが壊れて収納できなくなった。

動かないくせにモーターは回りっぱなしでウィ〜ンとうるさい。

収納しないで騙し騙し運転していたが、日を追うごとに角度が微妙になり、左後ろが見えない状況へ・・・

 

調べたところ修理するとミラーごと交換で、4〜5諭吉かかる模様。買取査定ほぼゼロの車に車両より高いミラー。

うん、無理。

 

しょうがないので中古部品を探して発注。やめとけばいいのに研磨して再塗装。

あ〜塗装時間かかるしゴミつくし面倒だった〜

 

 

停車中にウィ〜ンと鳴りっぱなしのせいで、歩行者から異様な注目を受けるとクレームが・・・

塗装は妥協して連休最終日の夕方から交換作業。スマホのライトで照らしながら内張を剥がして付け替える。

治ったど〜 諭吉一人ぐらいで動いたど〜

2017年

9月

18日

恐怖のクラウン

先日車で納品に行ってきました。

高速道路は集中工事期間のようで度々車線が減少し、のろのろダラダラと運転していました。

ふと気がつくとルームミラーに赤い光が・・・

クラウンの臨床写真は撮影しておかねば。

 

降りたくもないのに出口に誘導されると107Km出ていたとの事。制限速度は80Kmだそうだ。

NO!!!  やっちまったな・・・orz

てゆうか、誘導されている道の制限速度は40Km、白黒クラウンは60Kmで誘導。お前もアウトじゃないのか〜!

 

その後爆走するポルシェ2台を横目に、なんだか空虚な感じで到着まで法定速度80Kmでずーっと走って行きました。

その視点で見ていると法定速度を守っているのは一部のトラックだけですねぇ。

予定よりものすごく時間がかかりなんとか到着。駐車場へバックで入れようとしたその時、ガリガリッとナンバープレートがスルメイカのように変形。あ〜そういえば前回も同じ事やったような記憶が・・・orz

凹んだまま納品したら、元気がないと先生に心配されてしまいました。

でもM先生、美味しいお土産で癒されました。ありがとうございました。

本日反則金1.8諭吉を納めてまいりました。今月免許更新なのに(涙)

素直に宅急便が間に合えばよかったのですが、休日出荷は平日より微妙に締め切りが早く、タッチの差で間に合わなかったのです。

 

10月を封切りに宅配業者各社が値上がりする予定です。

写真のような車両を導入しても、法定速度を守っていたら軽自動車と大して変わらないはず。

あ〜でもスーパーカーで配達されたい

2017年

8月

29日

ジルコニア技工物

ジルコニアの技工物も取り扱い始めました。

CAD/CAMはドイツのアマンギルバッハ社のceramillで、築盛陶材はイボクラールビバデント社製になります。

厚みの取れないケースなどに適応していただけたらと思います。

2017年

7月

31日

夏季休業日のお知らせ

8月11日(金)〜8月18日(金)まで

 

尚、夏季休業期間中のお問い合わせに関しましては、

上記休業期間後の回答となりますので、

予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

2017年

7月

19日

ノベルティ?

ちょっと余裕があったのでサンプルモデルみたいな物を作ってみた。

 

e.max pressの残り湯を使用したのだが、モデルの容積が大きくて一度に1つしかプレスできない・・・

思いの外コストがかかるし、微妙にプレスが上手く行かない・・・想定外だ。

 

 

単色なのでステインにも限界があるが、なんだか面白くなってきた。

遠心根に穴を開けてキーホルダー状になるようにした。

材料に限りがあったが、いくつか作ったのでご贔屓にしてくれる先生方へ。

ありゃ?数えてみたら自分の分がない・・・orz

2017年

6月

14日

clinical case 8

男性 上顎前歯e.maxのケース。

 

振り返ってみると上顎前歯ばかり作っているように思われますが、実際は義歯とセラミックスは半々くらいです。義歯はセット後の写真が少ないのと、伝わりにくく話が長くなるので無意識に敬遠していたのかもしれません。

 

一見何の変哲も無いケースのようですが、あれ!?一本少ない・・・テンポラリーが綺麗に収まっていたのであまり違和感がなかったのですが、側切歯がありません。

支台歯の色は綺麗で良いのですが、意識的に歯牙幅径を狭めないとどデカイ歯になりそうです。

テンポラリーを見ると犬歯が側切歯の様になっていますが、位置的にも犬歯の機能を与えなくてはなりません。咬合によって舌面形態や切縁のラインが決まってくるので、形態の折り合いをつけるのが難しそうな気がしました。

ブルーシリコンでフィットチェックをした状態です。

支台歯の天辺はセメントの抜けを考慮して、大体スペーサーでリリーフしています。ショルダーからの立ち上がりは、軸面がアンダーカットになっていたり、テーパーがシビアになりやすいのでリリーフすることが多いです。それらを前提としてみると、全体が均一に適合しているのではないかと思います。

続きを読む

2017年

6月

01日

網張り

仕事も無くヒマになってしまったので、ラボ小屋の隣にキュウリの苗を植えました。

そう、自給自足です。

 

ここ数年夏になるとキュウリを育てていますが、結構な本数を収穫できています。ツルも結構伸びますので、今回初めてクネに網を張ってみました。

 

カッパじゃないのでキュウリだけでは生きてゆけません。あとナスと枝豆とブルーベリーも植えてありますが・・・

 

皆々様

お仕事の発送よろしくお願いいたします。

2017年

5月

31日

clinical case 7

コーヌス義歯の支台、コアだけやり直しのケースです。

脱落やカリエスなどで、義歯・内冠はそのまま使用してコアだけ製作することがたまにあります。

 

今回もその類で、義歯に戻した内冠内面にレジンを入れて大まかなトレーにしていただきました。写真の印象ポストは折れて行方不明になってしまったので短いですが、元々は長く綺麗に印象が採れていました。ポストがきちんと印象できるようにレジンを入れるだけですので、トリミングしてガバガバのレジンで構いません。

外冠に内冠を戻す際には、外冠内面の汚れは綺麗にしておいてください。結構プラークなど溜まっている場合があります。

義歯に内冠を戻した状態でシリコン印象材をレジン部に盛り、義歯を口腔内へ戻して印象採得します。

印象した内冠を義歯から外すには、鉗子などで義歯を保持し、その鉗子のヒンジあたりを内冠の抜ける方向から棒などでカンカンカン!と叩きます。

ポロっと外れますのでどこか行かないように注意してください。

その印象内冠をそのまま送っていただければOKです。

その印象を元にポスト部分と内冠部分の模型を製作します。

模型に製作したコアと内冠を戻し、上下模型を合わせるとピッタリになるようコアを製作します。

ただ、ポスト部分、内冠とコア部分のセメント浮き上がりを考慮しますので、ややルーズなフィットにしています。

セット時には外冠内面にワセリンなど塗布し、内冠を納めた状態で口腔内へセットしてください。バラバラだと位置がずれてしまいます。

文章にすると複雑なように感じるかもしれませんが、事前にご相談いただければサポートいたします!

2017年

5月

30日

Bへのオマージュ

週末に日本橋へ行ってきました。

みうらじろうギャラリー」の「Bへのオマージュ」という展覧会のトークショーに参加するためです。

もともと佐久間友香さんというアーティストに注目しており、画家バルテュスへのオマージュ作品を展示するということで興味を持っていました。そこで何気なくHPを眺めていたのですが、トークショーに横山宏 氏の名前が!

横山宏 氏といえば、中学生の時分から夢中になっていた「SF3Dオリジナル」の作者です。1980年代から「ホビージャパン」誌に独自の物語を展開し、製作した造形物を実写のような写真で掲載されていました。モデラー?の端くれな私にとってはまさに雲上のお方です。

バルテュスへのオマージュ作品に囲まれた中でトークショーは始まりました。

20名前後の参加者での会場は距離感も近く、某歯科セミナーの様でもありました。

 

内容はバルテュスへの関わりや絵画の分析傾向、大学の教育や新人への啓蒙、製作で意識していることや独自の手法など多岐に渡りました。

 

掛け合いの松山賢 氏も作品を出品していましたが、そのトーク内容と聴衆の引き込み方は素晴らしいものでした。多岐にわたる知識という「点」が見事に「線」となり、見事に織りあがってゆくのです。プロジェクターを使った歯科以外のプレゼンを聞くことはほとんどないのですが、数年前に聞いた奥山清行 氏のプレゼン同様に興奮しました。

ノリに乗ったお二人のトークは止まらず、合間を見たギャラリーオーナーが締めくくるまで続きました。1時間30分の予定が2時間以上になりましたが、もっと聞いていたかったです。

続きを読む

2017年

5月

24日

clinical case 6

clinical case 5と同じ先生の症例です。

20代男性のケースですが結婚式を控えており、時間的な余裕がなく一発勝負となりました。

 

外傷で破折・失活しファイバーコアが入った状態ですが、テトラサイクリン?なのか暗い色だったためホームホワイトニングをしたとのこと。

 

上顎左1は捻転しているが、それほどの捻転にしない範囲で形態を作って欲しいとの指示。

う〜ん、前回の失敗があるのでより慎重に進めなければとイヤな汗が・・・しかも前回より難易度のハードルが上がっているような気もする。

撮影されたシェードガイドのタブはC1、C2のショットとC3、C4の個別ショット。

C系統のケースってあまり出ないのは技工士なら知ってますよね。

色調がグレーなのか、透明度が高くて暗くなりグレーに見えるのか判断が難しいです。

変色歯だとD系統が一般的ですが、ホワイトニングの効果かエナメルが結構白い・・・

熟考の上、A2のインゴットでプレス。歯頸部はC4に近いのでステインで色を出す予定。

続きを読む

2017年

5月

23日

clinical case 5

ファイバーコアが装着されたe.max補綴のケース。

撮影されたシェードガイドのタブはA3とB3だが、口腔内のカラーはかなりバラバラだ。

上顎右側1の透明感と白い縞。右側2のエナメルは結構白い。

補綴されたMBはA2~A3。下顎1はなんだか暗い。

上顎右側1に合わせる予定だが、画像とにらめっこしていると目がチカチカする・・・

既存のMBや下顎1の感じからも、上顎右側1は結構透明感のあるアンバー系のエナメルではないかと予測。

シェードガイドA3よりもやや暗く色味が濃いが、D系統の色なんじゃないかと思ってD3のインゴットでプレスしました。

いま思えばこれが大きな間違いだったのですが、どうも下顎1の色味に引っ張られて・・・

 

試適の状態を見るとかなり暗い。orz

一番近いのは案の定、下顎1でした。皆さんにご迷惑をかけて申し訳ないのですが、これじゃセットできませんよねぇ。

ベースの色味が違いすぎるので、削って陶材盛り直しでは修正できないと判断。

A2のインゴットで再プレス!

なんとかこれで合格点をいただくことができました。

 

(画像の左側が1回目のD3、右側が2回目のA2。)

続きを読む

2017年

5月

17日

ケルヒャーの修理

時差のある話ですが、今年のGWは結構お休みできました。

久しぶりに気合を入れて外掃除しようと、ケルヒャーの高圧洗浄機を持ち出して手抜き掃除です。

電源コード、水道ホースを繋げてさぁ噴射!・・・と思ったら電源スイッチが入りません。

えぇ、うんともすんとも言いません。噴射口からはジョウロのような水が出るだけです。

結構いいお値段したと思うのですが、全然元が取れていません。メーカーに修理を依頼すると最低でも1諭吉はかかるようです。もう少し出せば小型の新品が買えてしまう状況に悩みました。

結論としてダメ元で分解修理することにしました。

ネットで情報を検索するも同型機は見つかりません。似たようなものだろうと分解開始です。

ところがネジを外そうとすると、外国製品にありがちな六角星形ネジです。折角出したドライバーセットでは歯が立ちません。とりあえず車の整備に使う六角レンチで回しました。ところが結構長いレンチでも届かない深さにあるネジがいます。その一本を外すためにホームセンターへ行って長いレンチを探しました。細くて長いレンチは選ぶ余地もなく、使えそうなのを見つけてトライ!なんとか黄色いカバーを外すことができました。

開けると今度は白いカバーが・・・どうもネットで検索して見た小型機と同じ感じです。価格の違いは外カバーの大きさか?!

 

中身は大きく分けて4つ。ブラシモーター、圧縮機、水の流れるバルブ、電源スイッチ。

怪しいと目をつけたのはカーボンブラシ部分とスイッチ。ブラシ部分に異常なしと。とりあえず清掃して研磨で終了。スイッチ部分はメインの圧縮機を止めてあるネジを外さないと取れない構造。ネジを外すとスイッチ部分が外れた。ん?なんか流れ出してきた。圧縮機内部のオイルだ〜!慌てて器械を立てるも結構漏れてしまいました。orz

心折れかかるもスイッチも分解。接点がショートして焦げて変形している・・・研磨して終了。

でも電気流しても動かない。どうもプラスチックでできたスイッチ部の立て付けが悪いようだ。薄いプラ板を追加してスイッチがきっちり入るように調整。

電源オン!ぶおおおお〜ん!!!動いた!修理完了。

晩御飯食べてから作業始めたので深夜1時。

手のかかるドイツ娘よのぉ〜

2017年

5月

02日

レオノール・フィニ

京橋の古巣よりリトグラフがやってきました。レオノール・フィニの1980年頃の作品です。

知らなかったのですが、金子先生の好きなアンリ・カルティエ=ブレッソンなどとも親交のあった女傑作家だとわかりました。

 

古巣の院内ラボにはいくつものアート作品が飾ってありました。その中に金子先生渾身のパネル写真があったのですが、それを私が外してこれを飾っていたという曰く付き?のリトグラフです。いや、本人は記憶にないのですが・・・

 

自宅に飾ろうか・・・とも考えていたのですが、子供のいる環境には教育的にゴニョゴニョということで狭いラボにやってきました。広い壁面がなくて右往左往しましたが、ピクチャーレールを取り付けてどうにか収まりました。

 

やさしい線やボヤっとした空気感、淡いトーンなどとても素晴らしい・・・

もちろんそのあらわな肢体も私の趣味にジャストミートです。

左側にある「特攻野郎A-TEAM」の人形たちと共に、末長くこちらのラボも見守っていてほしいものです。

2017年

2月

18日

世界くるまオフ2月

車の集まりのオフ会に参加して来ました。

微妙にエンジンの違うロータスが4台も揃ってビックリでしたが、適当?な造りのロータスクオリティは同じようでした。

 

gooパーツ誌が取材に来ており、いつもよりゆっくりと車の話を聞くことができて充実した時間でした。

集合写真を撮ったので、来月17日発売号に載るかもしれません。(笑)

ちなみに左写真ランチャデルタはアニメ製作会社の社長がオーナーさんですが、イタ車の痛車だそうです。なんでもマクロスがモチーフとか・・・当方は隠れEVA仕様ですよフフフッ

ほとんど車とアニメの話しかしていませんでしたが、今日も仕事もしないとヤバそうです。(涙)

2017年

2月

16日

茶色い例のもの

先日クルマをいただいた。

 

そう、ポルシェ911タイプ996だ!

車重はなんと125gしかない。スーパーライトウェイトだ。

ドイツからの並行輸入車らしいが、車検というか賞味期限は来年2月まであるよう。

車体底部のディティールも申し分ない。

とてもかじりつけないが、溶けないことを祈るのみだ。

2017年

1月

31日

『美人画づくし』出版記念展

『美人画づくし』出版記念展に行ってきました。

美人画はストライクゾーンですが、メインのお目当は作家の佐久間友香さんがいらっしゃるとのこと。是非お会いしたい!

 

エサが目の前にぶら下がると、仕事もなんとかなる?ものです。

最近絵画教室に通い始めた小学生の娘を連れて突撃。少しお話しできて、見事サインも頂戴してきました!

佐久間さんの作品は繊細で儚く、近くて遠い世界観を感じさせてくれます。やはり美しいモノには心奪われてしまいますね。

 

銀座の「ギャラリーアートもりもと」さんで開催されています。

今週末で終わってしまうので是非!

久しぶりの東京。

銀座で記念撮影して完全にお上りさん。

帰りにデパ地下でおみやげ買っていこうと物色するもなかなか決まらず・・・

娘が「これがいい!」と言ったのはピエール・エルメのマカロン。

えぇ~っ!舌は肥えていないはずなのに目は肥えてる・・・末恐ろしい。

父親の威厳を保つため?人数分だけ買いました。(涙)一人1個だけどおいしかった。

2017年

1月

23日

メガネのロウ着

愚息がメガネを壊してきた。

剣道用で面をつけても邪魔になりにくい、やや特殊な形状のメガネだ。

ネジを止めるメス部分ごと外れてしまっている。

このメガネは上野の眼鏡店までわざわざ作りに行ったもので、修理に出すのも面倒。

ヘリックスがツルに入っていて、矯正装置のようでもあるので直してみる事にした。

位置が狂うとネジがはまらなくなるので、電気仮着器で固定してからロウ着してみた。

もちろんレンズや樹脂部分は全て外したが、他のロウ着部の融点がわからないのでドキドキだ。

 

とりあえずロウが流れたので研磨して終了。最近のメガネは安いので修理が割りに合わず買い替えが多いそう。ものづくりしている人としてはなんだかな〜です。

2017年

1月

16日

歯ぐるまんすたいる

歯科関係者は歯科グッズには心惹かれるものがあると思います。

サンリオから「歯ぐるまんすたいる」というグッズが出ていました。キャラクターの微妙にリアルな説明に、何となく歯科関係者の影が見えます。

 

早速ゲットしてしまいました。(笑)

2017年

1月

14日

2017もぐら塾

8日より始まった金子一芳先生の主宰されている「もぐら塾」に参加してきました。

 

咬合運動の歴史から紐解き、調節性咬合器についての解説や全顎補綴のケースを通してのプレゼンはお腹いっぱいになりました。

長期勤務していて部分的には知っていた話も、時代や技術的進歩といった経時的な流れに沿って聞く事は無かったのです。

 

小一時間ほどお時間をいただき、主にセラミックス修復についてお話させていただきました。何か一つでも記憶に残って伝わっていればいいな〜と思います。その後久しぶりに顎運動の被験者になりました。写真はボケていますが、その時描記した運動路です。たくさんの歯科医に見つめられての描記は、何か問題な線を描きませんように・・・でした。(笑)

 

当日の様子は本家金子先生のブログや進行していただいた中舘先生のブログ基本ゼミをまとめられている斎田先生のブログに紹介されていました。

 

2017年

1月

13日

2017 怒濤の新年orz

年明けてすでに2週間・・・

相変わらずのスロースタートですが、本年もよろしくお願いいたします。

 

年末年始と怒濤の日々が過ぎ去りました。去年はあまり休めなかったので、今年は準備万端でお休みを迎えるつもりだったのですが・・・

 

さて、恒例の石膏トラップ掃除は予想以上に泥が溜まっていました。模型トリーマーの排水には一つトラップを咬ませているにも関わらずにです。通常の泥掃除は上澄みの水を捨ててから薬品でゼリー状に固めて捨てます。その際にはあらかじめ容器に合わせたネット状の袋で取り出します。

今回はネット状の袋ではなく、ビニール袋に変えてみました。次回の掃除がより簡単になっているとイイのですが・・・

年明けて4日から一泊で、群馬へスキー旅行へ行きました。去年は行けなかったので二年越しの楽しみです。

戴いたヘルメットやブーツも使ってみたくてテンションMAXです。

 

でも行きの高速道路でカチーンと飛び石。

運転席正面に鋭いキズがついてしまいました。あぁ〜リペアしないと車検通らないな〜と話をしていると、ピッ!とキズが上下に延びます。(涙)

ここまで大きいキズだと、もう交換しかありません。今週末入院予定ですが、交換費用は148000円くらい・・・車両保険で免責5諭吉です。高いスキー旅行になりました。

続きを読む

2016年

12月

16日

年末年始の休業について

ご贔屓にしてくださる皆様のおかげで、細々と生き残っております。

時間が掛かっても文句も言わずにお付き合いしていただき、ただただ感謝しております。

 

12月29日(木)〜1月6日(金)まで 休業

 

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。
本当に休んでるかわからないけど、なんだかとっても眠いんだ・・・

HAGI dental lab

〒365-0036

埼玉県鴻巣市天神4-3-10

Tel.048-543-0333

定休日 土.日.祝日

休日でも宅急便の受取りはできると思います。

 

技工指示書
お手持ちの技工指示書が無い先生は印刷してお使い下さい。
「お問い合わせ」からご連絡頂ければ、後日正式なものをお届けいたします。
order form.png
PNGファイル 366.3 KB